いそつばき

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊勢路川ハマボウ群落 河川改修直後の中洲の写真

<<   作成日時 : 2009/02/08 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
南勢町教育委員会「東南海・南海地震誌」平成17年に掲載されています写真の一部です。「河川改修以後の津波が押し寄せた伊勢路川河口付近」とありますす。ハマボウがどのように生育していたかよく分かります。又、群落に道がつくられ、中洲が削られたのは、河川改修のためでなかったことがはっきりします。アオサの養殖場にするため、小さな洲とともに削られたのです。この土地は内瀬の土地台帳に「字浜新田」と登記されていますので、県に売却したのです。写真をよく見ますと、陸と干潟の中間のような土地です。満潮時は潮に浸かったことでrしょう。もっとも現在でも群落地は満潮時は潮に浸かります。ハマボウがなければ、干潟です。
又道も群落の真ん中に木を伐ってつくられたものではないことも写真より分かります。
ハマボウは軟弱な地盤(足を踏み入れると、ズボット沈むところ)には生育しません。道はハマボウの生育していない軟弱な所を埋めてつくられたようです。もちろん何本かは伐採されたでしょう。切り株が残っています。萌芽しています。写真を見ますと、中洲の先の川側に現在見られない所に生育しています。これは伐採されたと思います。
しかし、群落の復元となりますと、こうした軟弱な所もバッチ状に復元するのかということになります。
埋め立てた道の縁には新しくハマボウが生育しています。ハマボウは現在の環境に応じて暮らしているようです。
復元となりますと、新しく生育したハマボウは伐るのでしょうか?又、昨年はたくさんの発芽が見られました。ほとんど育たなかったのですが、道の真ん中に、現在も元気にいるものもあります。私は成長を楽しみにしています。道を撤去するならば、この稚樹も引き抜くのでしょうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊勢路川ハマボウ群落 河川改修直後の中洲の写真 いそつばき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる